日本ジャーナリスト専門学校は、2010年3月をもって閉校いたしました

 

 日本ジャーナリスト専門学校は、日本で唯一、ジャーナリストを養成する専門学校として1982年にスタートしました。また、その前身は、1973年に発足しております。以来、37年間、時代の先端で活躍するルポライター、評論家、作家、写真家、デザイナー、編集者を講師として招き、マスコミの現場で仕事をするために必須の知識や技術の伝達および問題意識の啓発に努めて参りました。

 しかし、1993年に2000名を数えた学生も、2000年には1000名を割るようになってからは、年々、入学者を減らし、独力で学校を維持することが困難になりました。これは、いうまでもなく、18歳人口の減少という冷厳たる事実が主原因ですが、それ以外にも、全国的に大学が増え、マスコミ関連の学科が新設されるといった事情も関わっております。また、より大きな背景としては、インターネットの普及などによるコミュニケーション形態の変化という問題もあるかと思われます。 むろん、本校も、そのような変化に対応すべく、さまざまな試みを行って参りましたが、ついに退勢を挽回することが出来ませんでした。その結果、2010年3月をもって閉校するのやむなきに至りました。

 これまで本校に関わった講師をはじめ関係各位には、日本ジャーナリスト専門学校に対するご支援ならびにご厚情には、改めて心よりの感謝を申し上げたいと思います。また、それぞれの場で仕事をされている卒業生の諸君にも、ジャナ専に来てくれたことに感謝すると同時に、今後のさらなる活躍を祈念いたします。

 ありがとうございました。

日本ジャーナリスト専門学校校長
上野昂志

 
▲ページトップへ
敬心グループ |日本福祉教育専門学校日本リハビリテーション専門学校日本医学柔整鍼灸専門学校臨床福祉専門学校日本児童教育専門学校
Copyright(C)1999-2010 学校法人情報学園 All Rights Reserved.